携帯HPパーツはChip!! 枠あり表示
『死神的思考法』

2010年11月30日(Tue)
【永遠のゼロを読んで‥‥】
こんばんわ、福山雅治のベストを初回で買った佐野です。





先日の日記で話した「永遠のゼロ」とう本を昨日読み終わりました。
僕が買ったのは最初に発売された文庫本で、今はもっと安く講談社から出ているそうです。
日本人なら1度は読んだ方がいいと思います。

大まかな話の内容は、26歳でニート(一応司法浪人生)の僕(主人公)が祖母の死後に特攻隊で死んだ実の祖父の存在を知り、実の父親のことを知らない母親の為に、祖父の事を知っている当時の戦友を尋ね歩いていくとう話です。
戦時中では考えられない、「生きて帰る」という最愛の妻との約束にこだわった祖父が、なぜ特攻を志願したのか?
当時の社会的背景など、事実に基づき書かれていると思います。
感動小説ですが、戦争を知らない僕にはとても勉強になりました。


戦後の日本では「特攻隊員」=「テロリスト」と言われ、NYの貿易センタービルでのテロも「KAMIKAZE」とアメリカでは報道された事もあるようです。
また、職業軍人(赤紙ではなく自ら志願した人)は特に戦後、「犯罪者」と呼ばれ、世間から冷たい目で見られたそうです。
その名残が今でも続き「自衛隊」や「警察」には「暴力装置」という言葉があり、先日、仙石官房長官が国会で「自衛隊は暴力装置」と発言したことは有名ですね。
あれは「左翼」が使う言葉です。


小さい頃、僕は第二次世界大戦をこう思っていました。
「日本はアジアを侵略して、お金や女を連れ去り、多くの人を殺した。軍人と天皇は悪い人。日本は世界に賠償しなくちゃいけない」と。
仕方ないと思います、小学校の先生が「左翼」である「日教組」だったからです。

そんなことを心のどこかに置き、中学時代は歴史に興味なく、勉強はしませんでした。
しかし中学の頃「誰かの為に命を張りたい」、「戦闘機に乗ってみたい」と思うようになりました。

高校に入り、戦闘機パイロットへの憧れが強くなっていきました。
しかしこの時も、日本の歴史、特に近代史には興味がありませんでした。
どちらかというと、三国志や戦国時代の方に目が行ってました。

高校卒業後、航空自衛隊に入隊し、パイロット訓練生としている頃、僕はあることに気が付きました。
「僕はなんて近代史を知らないんだ。第二次大戦が何だったのか全く分からない。」
世間からは自衛隊というだけで冷たい目で見られた。特に東京では。
また、先輩からこんな話を聞いた。
「中国の領空侵犯措置として航空自衛隊の戦闘機が緊急発進して敵機を見つけても何もできない」。

なんで?
なんで自分たちが領空を侵すと撃墜されるのに、自分達がされた時は何もできないの?

自分の心の中で、日本という国家に対して怒りがこみ上げてきました。

「憲法9条が日本を縛り付けている」
そう思うようになりました。

自衛隊を辞めてから、

「なぜ日本は韓国に謝罪し続けなければいけないのか?」
それは日教組の生んだねつ造歴史。
「では日教組はなんなんだ?」
国家を滅ぼす左翼教職員集団。
「なんでそんな奴らが生きていられるのか?」
民主党が日教組とつながっているから。
「民主党はどんなやつがいるのか?」
90人近くが帰化(元々は朝鮮・中国人)した人がいる。

‥‥‥

こうやって、今の日本における矛盾に「Why?」と繰り返し問い続けてみると、日本人としての誇りや精神を、今の日本人が忘れている事に気が付きました。
情報があふれ、インターネットがあれば情報を容易に収集できる時代になりました。
夢に向かっている方、自分が何をすればいいのか分からなくなっている方、いろいろいると思います。
生きていればいっぱい苦労があると思います。僕も同じです。
ただ、僕は戦時中の日本人と自分を比べると、今の自分がどれほど恵まれているかということに気が付くことができます。
今の時代、利己主義からの乖離は難しいでしょう。
ただ一人ひとりが変われば、組織というものは変わってくると思います。
僕は常に変わりたいと思っています。

アジアにおける情勢が日に日に変わり、2010年は朝鮮問題。
2015年からは日本と中国の軍事バランスが逆転し、中国が日本に侵略してくるという論文が多くあります。
中国の日本領土化計画を知っている日本人がどれだけいるでしょうか?
日本のマスコミはもう中国共産党に支配されたも同じ。
哀しいですが、僕もこのことを知ったのはここ数年のことです。
心の底から悔しいと思いました。


日本より軍事力のある国はどこ?

現状、アメリカのみ。

日本が中国に占領されたらどこの国が日本を助けてくれる?

そんな国、ありません。


日本人は、僕たちで自分の国をどう守るかという事を考える時期が来ました。

過去100年に1度の割合で、世界の覇権国家が変わっています。
このまま行けば中国でしょう。
戦争が起きるのは今の国際情勢を見れば時間の問題だと思います。

この危機感が少しでも伝わってくれればと思います。

戦争が起きれば、まず自衛隊が本土で戦い、長期化し人員が足りなければ、学歴のない者から招集。
そして社会人、大学生‥‥。
いつかの戦争で同じ事がありましたね。
戦争は皆嫌です。
ただ、それから目をそむけて、うやむやにし続けると、大国の属国や植民地となります。これも歴史を見ればわかりますね。

皆さんはどう思い、どう感じますか?

きっと僕みたいな奴から死んで行くんでしょう。


00:07
コメント(0)
[コメントを書く]





w友達に教えるw
[ミュージック][chip!!日記]
ブログ[編集][作成]

ひまつぶしめにゅ〜 by 凸リアル
Chip!!ブログ作成/ホムペ/メルボ